周年イベント

1周年という節目をきかっけに、社内外のステークホルダーへ感謝を伝える~社員・家族向けイベント“感謝の集い”を実施~

日経印刷株式会社様

創業50周年 「感謝の集い」

周年という節目をきかっけに、社内外のステークホルダーへ感謝を伝える
~社員・家族向けイベント“感謝の集い”を実施~

1964年10月10日、東京オリンピック開幕の日に創業をした日経印刷株式会社。出版社やメーカー、金融、官公庁といった幅広いお客様からの多様なニーズに対し、企画から印刷・製本、発送までワンストップでサービスを提供する。同社は、今年10月、50周年の節目に、社員や家族を招待した社内向けイベント「感謝の集い」を実施した。過去最大の社内イベントとなった本イベント。同社 吉村社長、総務部 明比氏にイベント実施の背景や目的、推進のポイントについてお話をお伺いした。

50周年を節目に、感謝を伝える

本プロジェクトを推進した総務部 明比氏
本プロジェクトを推進した
総務部 明比氏

明比:毎年、食事会や観劇の鑑賞会などの社内イベントを実施してきましたが、今年はなかでも大きな節目となる50周年。創業以来、苦楽を共にしてきた社員、社員を支えてくれているご家族に対し、感謝と慰労の気持ちを何かしらの形で伝えたい。会長や経営陣とも相談し、総勢550名での周年イベント「感謝の集い」をホテル椿山荘東京で実施しました。

周年は、会社からのメッセージを届ける機会

全員でこれまでの歴史を振り返る
全員でこれまでの歴史を振り返る

明比:イベントでは、これまでの日経印刷の50年の歴史を改めて全社員で振り返ろうとヒストリームービーを制作し、オープニングで上映をしました。昔からの社員は、今日までの軌跡を懐かしむとともに、新卒や若手の社員は、弊社の成り立ち、歴史について理解を深めてくれていたようです。
吉村:なかには感動のあまり涙ぐむご家族もいたと聞きました。創業以来、弊社が何を大切にし、どの様なことを成し遂げてきたか、音楽や映像の力を借り、我々のメッセージを届けることが出来たのではと思っています。

コミュニケーションを生み出す仕掛け

社員が制作した職場紹介VTR
社員が制作した職場紹介VTR

明比:本イベントをきっかけに、会社としての一体感や部署を超えた社員同士のつながりを醸成したいと、席次をはじめ、シェフに扮した社員によるメニュー紹介や参加者同士の会話を盛り上げるビールサーバー隊など、コンテンツ面にも工夫を凝らしました。
吉村:社員が自主制作をした職場紹介VTRも各部署の特徴や色が出ていて盛り上がりました。他部署がどの様な仕事をしているのか、どんな社員が働いているのかを知ることで、部署を超えたコミュニケーションのきっかけになればと思います。

家族向けイベントならではの配慮

キッズルームで遊ぶ子供たち
キッズルームで遊ぶ子供たち

明比:今回は、家族向けのイベントだったこともあり、授乳室やベビーカー置き場の確保、子供たちが遊べるキッズスペースを設置しました。また、アレルギーをお持ちの方の対応についても気を配りました。 その他、弊社にゆかりのある俳優さんからのお祝いメッセージや会長へのサプライズプレゼントなど社員やご家族に楽しんでもらえるよう企画を盛り込みました。

感謝の集い イベント概要

社員から寄せられた嬉しい声

たくさんの笑顔であふれたイベント
たくさんの笑顔であふれたイベント

吉村:格式ある会場、豪華な食事、様々なアトラクションに、多くの社員・家族が楽しんでくれていたようです。現在、アンケートを実施している最中ですが、「盛大なパーティで、家族も喜んでいた」と、社員から嬉しい声をもらっています。
明比:リンクイベントプロデュースの皆様には、企画段階の様々なアイディア出しから、制作過程におけるプロジェクトマネジメント、当日の臨機応変な対応まで、私たちの要望を汲み取り、具現化してくださいました。これまでの概念にとらわれず様々なことにチャレンジが出来たのも御社という心強いパートナーがいたからこそです。

社内イベント実施の3つのポイント