セミナー情報

開催内容

東京:3月13日(火)開催

五感で体感!「暗闇ごはん」に「お寺でマインドフルネス」
チームの真の行動変化を促すリフレーミングワークショップ

【緑泉寺×リンクイベントプロデュース 共同開発プログラム体験会】
企業組織の変革支援会社であるリンクイベントプロデュースと
米国MBAホルダーで従来の僧侶の枠を超えた活動をしている青江住職の緑泉寺が
このたび共同で新しく開発したチームビルディングプログラムの体験会を実施します。
より良い組織作りにご関心のある経営幹部、事業責任者の方、また経営企画、人事のご責任者の方に
是非ご参加頂きたいプログラムとなっています。

■ワークショップ内容
1.「暗闇ごはん」体験(視覚を遮断した食事体験)
2.お寺での「マインドフルネス」体験
3.ダイアローグ

■ワークショップで得られる効果
本リフレーミングワークショップは、
非日常の場で五感を用いて互いの無意識の思い込みを解き放ち、
チームの関係性開発と行動変化を促す実効性の高いワークショップです。

■こんなお悩みを抱えている会社様におススメ
・幹部同志がお互いに不信感を抱いている…
・新しいプロジェクトメンバーがお互いのことをよく知らない…
・次世代リーダー層が過去のやり方に縛られて動けない…
・他国の幹部と日本の幹部間の深い相互理解を図りたい…

■チーム成果を高めるための「成功循環モデル」とは?
マサチューセッツ工科大学ダニエル・キム教授の提唱する
「チームの成功循環モデル」でいう成果=「結果の質」を高めるために、
オフサイトで「関係の質」の向上を狙いとするチームビルディングを行う企業が増えています。

一方で、折角リソースを投資して大がかりな
チームビルディング研修やワークショップをしても「レクリエーション」で終わってしまい、
本質的な変容、ひいては、「行動の質」、「結果の質」が変わらないという声もよく聞きます。

「結果の質」を高めるには、
前提となる「関係の質」だけではなく、「思考の質」にもアプローチすることが有効です。
チームビルディングで「関係の質」だけ向上させても、
人は立場や環境によって、無意識の思い込み(アンコンシャス・バイアス)を持っているため、
その思い込みから解放されないと結局、いつものパターンに戻ってしまうからです。

本ワークショップは「成功循環モデル」をベースにしながら、
チームの行動変化に必要な観点を実体験して頂くプログラムをご提供します。

PDF形式のフライヤーを見る

Get Adobe Reader

開催概要

日程 2018年3月13日(火)
時間 開場11:00 / 開演11:15 / 終了16:30
対象 全員
費用 3,000円(税込)
※当日、現金にてお支払いください
内容 ◇「暗闇ごはん」体験(視覚を遮断した食事体験)
◇お寺での「マインドフルネス」体験
◇ダイアローグ
ファシリテーター ◇浄土真宗東本願寺派 湯島山緑泉寺住職
青江 覚峰(あおえ かくほう)

◇(株)リンクイベントプロデュース ファシリテーター
広江 朋紀(ひろえ とものり)
集合場所 浅草おと(飲食店)
〒111-0032 東京都台東区浅草2-12-6
予約状況 受付中
お申込みについて お申込み〆切:2018年3月9日(金)
※1社につき2名様までご予約可能です
(お一人ずつお申込みください)
※先着順となりますので、ご了承ください
※競合企業などからのお申込みはお断りさせていただく場合がございます
最少催行人数 6名
※お申込み〆切日(3月9日)に最少催行人数を下回った場合は
中止のご連絡を致します
お問い合わせ リンクイベントプロデュース セミナー事務局(担当者名:富川)
TEL:03‐6779‐9435
E-mail:lei-jimukyoku@link-ep.co.jp