セミナー情報

開催内容

東京:11月22日(火)午前開催

祝賀・感謝をとことん伝える、周年イベント設計のセオリー
~カギは社員の“周年同期®”化にあり!~
※周年同期®は㈱リンクイベントプロデュースの商標登録です

「おかげさまで○○周年」
「当社は今年で、創業●●年を迎えます」
ふと意識をすると、世の中には“周年”をうたうコピーがあふれています。

これまで自社を支えてきてくれたお客様や社員とともに
自社の存続をお祝いしたい、感謝したいと考えるのは、
経営陣の方々の本心でしょう。
一方で、
どのステークホルダーに向けられた祝賀・感謝なのか、曖昧なことも多く見受けられます。
「おめでとう」「ありがとう」という言葉の羅列だけで、本当に伝えたいメッセージは伝わるのでしょうか。

近年、企業に属する個人のワークモチベーションの多様化が顕著になっており、
入社年次や働き方の違いにより、視界の差が生じることは
長年存続している企業にとっての必然です。
一方、市場環境変化が激化する中で、
社員が、これから自分たちがどうなっていくのか見失うということも多々見受けられます。

この状況が意味することは、
単に「おめでとう」「ありがとう」という言葉一つでは響かない社員が
多く生じてしまうということではないでしょうか。

周年という節目を、
本当の意味で祝賀や感謝が伝わり
自社の次の10年をつくるエネルギー醸成の機会とするためには、
多様性を持つ社員を受け入れながら
自社のファンとして束ねることがカギだと考えます。

本セミナーでは
“周年同期®”として社員の足並みを揃え、
次のステップへとJump Upする‘きっかけ’となる周年イベント設計のセオリーを
事例を交えながらお伝えいたします。

開催概要

日程 2016年11月22日(火)
時間 開場09:10 / 開演9:30 / 終了11:30
会場 (株)リンクアンドモチベーション 東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座3-7-3 銀座オーミビル 5F
プログラム(仮) ◇周年という機会がもつ可能性
◇祝賀・感謝を、社員に効果的に伝えるには
◇事例紹介
セミナー講師 (株)リンクイベントプロデュース
代表取締役社長 八重樫 徹(ヤエガシ トオル)
費用 無料(事前申込制)
予約状況 受付中
※1社につき2名様まで
※応募者多数の場合、抽選とさせていただきます
※競合企業などからのお申込みはお断りさせていただく場合がございます
お問い合わせ リンクイベントプロデュース セミナー事務局(担当者名:大石/富川)
TEL:03-3538-4020
E-mail:lei-jimukyoku@link-ep.co.jp