Link Event Produce 採用情報TOP

  • LEIってどんな会社ですか?
  • LEIの仕事とライフを紐解く
  • LEIの魅力と特徴
  • 業界動向と最前線の現場
営業として、母として、成長していく喜びを感じる日々。

クライアントの期待を超える「プロフェッショナル」であること。

私たちは、クライアントの抱える課題をイベントで解決するプロフェッショナル。そう改めて自覚したのは、あるIT企業の設立10周年記念イベントを当時営業として担当した時でした。以前から地道にアプローチを続けていたクライアントで、「記念イベントを開催したいと思っているんだけど…」と相談をいただいた時には「ようやくチャンスが来た!」とすぐさま訪問。ただその会社では、日頃から自社でさまざまな社内施策や社内イベントを企画運営しており、社員の満足度も非常に高い状況でした。その中で私たちがプロとしてどういった提案をするのか、クライアントは大きな期待をかけておられたのです。

私は、そのクライアントのことを誰よりも深く理解している自信がありました。結束力のある組織で、社内の雰囲気も良好。しかし、会社が急拡大するにつれ、入社年次や部署によって会社への理解度にギャップが生まれてきているという事実を、クライアントが潜在的に懸念しておられることにも気づいていました。そのため私は、10周年という節目を第二創業期と位置づけ、全社員が今一度同じベクトルで再出発できるようなイベントにしたいと考えたのです。社内の企画部隊と何度もブレストを重ね、渾身の提案を行なった結果、イベントの企画運営を任せていただけることに。加えて、これまでの10年の歩みをまとめた社史の制作もご発注いただけることになりました。

プロジェクトはすべて順風満帆だったわけではありません。1年の間にクライアントにはM&Aや組織変更といった大きな変化が何度も訪れ、そのたびにイベントのテーマや企画は二転三転。社史制作に関しても、タイトなスケジュールの中で予期せぬトラブルが発生し、クライアントの社長から厳しい叱責を受ける場面もありました。でも、クライアントにとって10周年の節目は二度と来ない。クライアントの未来のために、このイベントは絶対に成功させなければならない。悔し涙なんか流している暇はない。LEIの社長や上司を巻き込み、クライアントにも協力をあおぎながら、無我夢中で取り組みました。

「会場に入った途端、一瞬で世界が変わりました」。これはイベント終了後にクライアントからいただいた言葉。「会場装飾も演出も進行もすべてレベルが違う。それに、社員たちのあんなにキラキラした顔は見たことがない。これがプロの仕事なんだと感激しました」。プロジェクト期間をともに走ってきたお客様から握手を求められた時は、思わず胸が熱くなって涙があふれてきましたね。社史も無事に納品することができ、最終的には高い評価をいただくことができました。全社一丸となって新たなスタートを切る——そんな場をともにつくりあげたパートナーとして認められ、さらにはプロとして信頼される喜びを、改めて実感したプロジェクトでした。

「働くこと」と「母でいること」を、分けずに考える。

私は二人の子どもを育てながら働くワーキングマザー。この仕事には、子育てに通じる部分が多いと感じています。たとえば、長男が通う幼稚園の面談で、先生にこんなことを言われました。「○○くんは今年1年で大きく変わりましたね。すごく運動嫌いな子だったのに、最近ではかけっこも鬼ごっこも積極的に走り回っているんです」と。振り返ると、息子が運動好きになったきっかけは、運動会のかけっこでまぐれの1位を獲ったこと。それが自信になって、よく体を動かすようになって、筋力も体力もついて、本当に足が速くなってしまった(笑)。イベントの仕事は、まさにその『きっかけ』をつくる仕事です。丁寧にサポートをすることで、その点が線となってやがて本物の『成長』や『成果』が生まれる。長男の変化を通じて、イベントの力を改めて実感しました。

私は、「働くこと」と「母でいること」を切り分けて考えないようにしています。両方ともそれぞれ完璧にこなそうとすると息が詰まってしまいますが、一方で学んだことがもう一方でも役に立つと考えれば、無理なく頑張れることが多いのです。「営業と母、両方の役割を共存させているからこそ成長している!」という喜びは、ワーキングマザーにしか味わえない特権(笑)。リンクアンドモチベーショングループの『ワークスタイルオプション』という、産休・育休の取得はもちろん、妊娠中や復帰後の勤務時間をフレキシブルに調整できるといった制度を活用したり、もちろんLEIのメンバーにも支えられながら、育児も仕事も欲張って楽しんでいこうと思っています。

課題解決力を磨き、クライアントを感化していく。

『イベントで人や組織、そして社会を変えていく』。少し大げさかと思われるかもしれませんが、多くの企業が変わる瞬間を目の当たりにしてきたからこそ、この想いをもっとクライアントに感化できる存在になっていきたいですね。多くのプロジェクトを経て、「同じ目的に向かって一緒につくりあげていく」という意識と行動が重要であることを実感しました。そのためにも、今後はイベントのつくり手の一人として、経営論や組織論をより深く学んでいきます。課題を的確に捉え、とことんこだわって解決法を考える力を磨くことで、お客様からLEIの価値をより大きく認めていただける存在になりたいですね。さらに、LEIのVison「世の中を変える100年企業を創る」において、自分たち自身が「100年企業」になっていくためにも、メンバーのサポートなどを通して、ライフイベントを迎えても想いある女性がLEIで力を発揮し続けられる環境を創っていきたいと思っています。

人の心を動かし企業や社会を元気にする。そんなイベントを一緒につくってみませんか?