Link Event Produce 採用情報TOP

  • LEIってどんな会社ですか?
  • LEIの仕事とライフを紐解く
  • LEIの魅力と特徴
  • 業界動向と最前線の現場
自分ならではの付加価値をつけたイベントで企業を、世の中を変えていく。

実際に心を動かされた一人として、その想いに共感。

前職は大手商社を親会社に持つSIerの営業。大学は文系出身でありながら、自分の手で何かを生み出したい、モノづくりで世の中を変えたい、という想いでIT業界へ飛び込みました。大企業のクライアントを相手に、システムの提案やプロジェクトマネジメントを担い、日常生活に関わる身近なITサービスの開発、クライアントの大規模社内システムの構築など、仕事は難しくもやりがいがありましたね。
入社して7年。様々なお客様の課題にITで向き合ってきたからこそ、ITという枠を超えてお客様の抱える問題を解決したい、人に喜びや感動を与える仕事がしたい、と漠然と考えるようになりました。そうしたときに「自分には他に何ができるのか」「今とは違う世界を覗いてみたい」…、日々大きくなるこうした想いが、新しい環境に踏み出すきっかけとなりました。

その後、転勤も重なり、これといった決め手もないまま2年が経ち、そんな中で出会ったのが、リンクイベントプロデュース(LEI)でした。そもそも私がIT業界に進むきっかけとなったのは、新卒採用セミナーで会社が用意していた「IT業界すごろく」という業界理解を深めるためのボードゲーム。それをつくったのがリンクアンドモチベーション(LMI)であり、そのLMIから生まれた今まさに成長中の会社がLEIであることを知り、興味を持ちました。面接でお会いした社員の方々から、企業の組織課題を解決するためのイベントの可能性、イベントという「心を動かす」場づくりへのこだわりを熱心に語っていただき、自分自身、実際に心を動かされた一人としてその想いに共感するとともに、イベント市場を新たな切り口で開拓し、新たなサービスをどんどん提供していこうという発想、それをベースにイチ企業を大きく成長させていこうという挑戦マインドは、前職では得がたいものであり、ここならより自分を高められると直感しました。

専門性の高い、未知の領域で日々挑戦していくこと。

現在は企画営業を担当しています。LEIの営業スタイルは、モノを売って「ありがとう」と言われる営業ではなく、潜在的・顕在的な課題を丁寧に紐解き、クライアントに新たな気づきや発見を与えられるような、比較的コンサルティングに近い営業スタイルが求められます。そのため、クライアントのビジネスを深いレベルまでインプットした上で、参加者の組織心理、心情変化、イベントに落し込む際の実現可能性などを踏まえ、最適な方向性を提案しなければならないのですから、無論、専門性も高く、未知の領域を必死に勉強する日々…。

しかしそれが、実にやりがいがあって面白いんです。例えば、社長を交えたメンバー同士でよく勉強会をしています。そこではよくその日訪問したお客様からいただいたお話に対して、メンバーそれぞれが考え方をぶつけ合って議論するといったリアルケーススタディを行うのですが、「この状況では…」「私の経験では…」「その考え方では…」と、仲間の知見に耳を傾け、夢中になってディスカッションをしていると気づけば2時間、3時間…なんてこともしばしば(笑)。また、バーナードの組織論をプレゼンテーションしたり、リンクアンドモチベーションのモチベーションエンジニアリングの技術を学んだり…。ここでの学びやフィードバックがダイレクトに次の日の営業で活かされることも多く、私自身の知的好奇心も満たされていく、そんな日々が楽しくてしょうがない。私自身のモチベーションも非常に高いです。

とにかく仕事にアツイ人が集まっています。

日頃から感じるのは、メンバー一人ひとりがお客様やイベント参加者のために何をすればいいかをとことん深くまで考え抜いていること。一丸となってひとつのイベントをつくりあげようという独特の雰囲気や空気は、外から見ると「アツすぎる!」と感じるかもしれません。私自身、そういった空気は受け入れがたいものではなく、むしろこうしたメンバーたちと新たなカタチでモノづくりができる喜びにワクワクしています。

とはいえ、まずは営業として結果を出していかねばなりません。これまで社会人経験を10年積んできて、さまざまな会社やプロジェクトチームに関わってきたため、モチベーションの状況や組織課題が肌身でわかるというのは私の大きな強み。また実際にイベントスタッフを経験させてもらい、イベント前後のお客様の顔つきの変化やイベントから生まれる高揚感も目の当たりにしてきました。そうした経験値や実感値をもとに自分ならではの付加価値をつけ、「林さんのおかげで気づくことができた」「林さんに頼んで良かった」と信頼されるプロフェッショナルになることが目下の目標。さらには、自分なりの想いを込めて、企業を、世の中を変えるようなイベントをプロデュースしてみたいです。

仕事のやりがいと知的好奇心の両面を満たしてくれる。ここにはそんな面白さがある。