ニュース・リリース

ニュース情報

2020年7月10日

コラム掲載情報
『ワークショップと研修の違い』

企業がインナーブランディングを推進していく上で、ワークショップによるコミュニケーション施策が、インナーブランディング活動全体の効果を高めていく上でも有効な手段の一つとしてご紹介しました。(「コラム:ワークショップとインナーブランディングと関係」) ところで、ワークショップと言われて、どのようなイメージを持たれるでしょうか?よく耳にするのが、「研修とワークショップって何が違うの?」というご質問です。インナーブランディングを推進する弊社では、研修という言葉を使いません。そこで今回は、なぜインナーブランディングでは研修という言葉を使うべきではないのか?「ワークショップ」と「研修」の違いはどこにあるのか?について、まとめてみました。