企業情報

代表ご挨拶

八重樫 徹

当社は、「組織のライフイベントをきっかけに関係を紡ぐ」ことを目指し、組織の成長を支援する会社です。

昨今、多くのお客様から経営が難しくなったというお話を聞きます。事業面では、商品の短サイクル化や競争優位のソフト化が進み、変化の激しい環境に対応することが難しくなっていること。組織面では、従業員の価値観の多様化や人材の流動化が進み、組織を束ねることに力を割かなくてはならなくなったこと。今まで以上に経営の舵取りが難しくなることがわかります。

「組織のライフイベントをきっかけに関係を紡ぐ」をコンセプトに、当社は2011年に誕生しました。「ライフイベント」とは、通常、誕生日、卒業や入社など人生の区切りとなる節目を指します。そしてその節目には「頑張ろう」と心を新たにする力があります。私達はこの節目の力が人間だけではなく企業にも当てはまると考えています。企業にも人と同じく、誕生日である”周年記念”、新たな計画を共有する"経営方針発表"、優れた成果や行動を称える“表彰”など、企業には様々な節目があります。私達はこの節目を「組織のライフイベント」と捉え、組織が新たな行動に踏み出せるように、力を生み出すサポートをしています。

今後、AIなどの技術の発達などから従業員の働き方は確実に変わります。そんな働き方の変化は、様々な価値観を認めるメリットがある一方で、個別性を高め、組織としての凝集性を弱めていくデメリットも持ちます。だからこそ、組織のライフイベントをきっかけとするコミュニケーション設計が必要となり、行動変化に導く温度感を直接伝えることのできるイベントの重要度がますます高まることと感じています。

現在、創業して30年以上継続している企業は0.1%にも満たないと言われています。そんな世の中で、30年を越えて、50年、そして100年と続く企業となるために、私達は欠かせない存在でありたいと思っています。そして、近い未来、私達の活躍の領域は、企業だけではなく、スポーツチームや大学、自治体などの組織にも活躍の領域は広がっていくと確信しています。

八重樫 徹