表彰イベント

RICOH JAPAN AWARD 2017

リコージャパン株式会社様

「RICOH JAPAN AWARD 2017」

表彰を活用し、常勝組織への風土改革にチャレンジ

リコージャパン様で毎年開催されている成績優秀者の表彰となる「リコージャパンアワード」。同社は、新たな表彰スタイルの導入で、受賞者だけのアワードから全社員のためのアワードへ、さらに社員の意識や行動を変えることで組織成果に繋げる表彰へと、大きな変革を遂げようとしています。表彰施策を存分に生かし、組織力強化や常勝組織への風土改革に挑む、リコージャパン様の事例をご紹介します。)

RICOH JAPAN AWARDのストーリー伝承の仕組み

全社員が目指したくなる
「表彰式」の実現に向けて

Q. リコージャパンアワード(以下、RJA)を実施している背景をお聞かせください。

リコージャパンは、デジタル複合機やプリンターをはじめとしたオフィス向け画像機器や光学機器の製造を行なう株式会社リコーの販売会社です。2010年に拠点別に独立していた販売機能を統合し、2014年には別会社だった保守メンテナンス・ITシステム部門を統合。着実な成長を続け、現在、社員数約18,500名からなる企業となりました。
統合前は各拠点で業績を称える表彰式を実施していたのですが、それらを統一させようと2012年にスタートしたのがRJAです。そのため、RJAでは全国クラスで顕著な業績を残した社員や素晴らしい活動を行ったチームを表彰し、社員のモチベーションアップを図ってきました。

Q. これまでのRJAの課題とは?

もちろん、運営側は受賞者のモチベーションアップだけではなく、「全社員が目指す対象」として受賞に向けてチャレンジする組織風土を醸成していければと、これまで開催してきました。ですが、時期や場所、受賞人数等の関係から、表彰対象となる社員のみしか集められず、RJA2016での参加者は全社員のわずか3%となる465人にしか満たなかったのです。その結果、RJAに参加しない社員=非受賞者となる9割以上の社員には、その魅力が十分に認知されず「一部の人のための表彰式」「縁のない遠い存在」となってしまい、目指すものにはなっていない状態。そのギャップが一番の課題でした。

イメージ イメージ

成績優秀者を称えるだけでは、
会社の成長は見込めない

Q. 課題解決に向けて、どのような取り組みを行ったのでしょうか。

ギャップを解消するためにも「RJAをもっと認知させたい」ということを考えてはいましたが、明確な解がないまま月日が過ぎ、リンクイベントプロデュース(以下、LEI)のセミナー参加を機に 2016年12月頃からLEIとの交流が始まりました。その中で彼らは表彰制度についての想いをこう話してくれたのです。「表彰制度は単純に成績優秀者を表彰するのではなく、受賞者となるハイパフォーマーのストーリー(=スタンスやマインド)を伝承させ、組織全体のレベルをあげることができる仕組みだ」と。この考え方は、まさにこれまでの私たちにはない発想で、RJAの課題解決に一筋の光が見えたと感じました。そして「まずは受賞者のストーリーを非受賞者に伝える『ストーリーの伝承』をやりましょう」と提案をもらったのです。そこから、LEIとの表彰プロジェクトがスタートしました。
まず、表彰式以外で2つの取り組みを行いました。RJA2016の受賞者を「全社にストーリーを伝えていく人材」として育成する「伝承者ワークショップ」を実施。その後、受賞者のストーリーを全社に伝承するための「STORY映像」を作成しました。そこには、受賞者が直面した苦労や葛藤、それを乗り越えた先にある喜び、彼らの心に秘めた想い。それらが見事に映像に落とし込まれていました。そのムービーがまさに感動を呼ぶ映像として、社内でこれまでにない反響を呼んだのです。